最強伝説を検索

MTG最強伝説
コンテンツ

最強の男(管理人):バッハ

副管理人:ヒューマン

副管理人:シモン

謎の男:サム

【コラム】≪鱗ビヒモス≫マジでリミテ最強なんじゃないかと思うという話

2017年05月13日|コラム|, , , , ,

こんにちはバッハです。

今日はリミテで優秀なクリーチャーとうたわれる≪Scaled Behemoth / 鱗ビヒモス≫について、最強レベルに強いのではないかと思ったので、それについて語りたいと思います。

まず見た目

鱗ビヒモス

どうですか、この威圧感。この絶望的な迫力は相手にプレッシャーという圧倒的な優位性を発揮します。

デカさの感じはラオシャンロン(モンハン・当時のラスボス)級。

イラストはやはりアドバンテージになるはずです。

カルトーシュがやばい

活力のカルトーシュ  知識のカルトーシュ

なかでも緑・青はとにかくやばい。

場の制圧と防衛突破を一緒に執り行う、えげつない能力。

本体も強化され、焼かれる心配がない分ほぼ戦場のロックが完了してしまいます。

ロックとはいきませんが他の色のカルトーシュでも半端なく強いです。ビヒモスをピック出来たときは何色でもいいのでカルトーシュをゲットしておきたいですね。

コンバットトリックが強い

弱さからの脱皮

コンバットトリックは微強化でもあれば、かなり強力。

ビヒモスを倒すにはほとんどの場合、相討ち作戦になるかと思いますが、節約してギリギリブロックしてくる相手には、1点でもタフネスが上がれば圧倒的な優位に立てます。

逆に言えば、コンバットトリックは有っても無くても(ブラフでも)、ギリギリ防御は危険なので、相討ち上等で殴っていけるのです。

殴るときは、土地でも持って、土地を起こしておけばチャンプせざるをえなかったりします。

全除去とかが少ない

同エキスパンションの『アモンケット』には全除去が圧倒的に少ないです。

黄昏 // 払暁

たとえば、一枚でビヒモスを対処できるカードは1種類のみ。しかもレア。

出ない。。。

焼けつく双陽

ぎりぎり赤でこんなカードもあるが、こちらもレアなので、ゲットできる可能性は低そう。

むしろ

猛火の斉射

これをいっぱい入れるほうがワンチャンあるか。。。?

ソーサリーか。。。厳しいか

接死も少ない

 

毒物の侍臣、ハパチラ

不屈の神ロナス

ホネツツキ

不毛地の蠍

純粋な「接死」持ちは4種だけ。そのうち1枚はレア、1枚は神話レアなので、とりあえず除外するとして、ホネツツキはかなり優秀は対抗手段となります。こちらもリミテ優秀勢力の一体なので、ビヒモス対策としてだけでなく採用するのがお勧めですね。

あとはサソリくらい。クリーチャーとしてのクオリティーは普通。。。まあコモンだし。とはいえ、ビヒモスが空を飛ばない限り、かなり優秀な対抗手段となることは間違いないです。

まとめ

つまり、ビヒモスはサソリと鳥を対策しておけば、ほぼ最強の存在ということです!

マグマのしぶき

アモンケットリミテの時は、是非ご査収ください。


投稿者

【バッハ】
MTG最強伝説の副管理人。
最強の男。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

RSS

今月のFNM景品

2017年7月

fnmpromo_201707_ja.jpg

MTGの漫画
『プレインズウォーカー列伝』

漫画『プレインズウォーカー列伝』:ジェイスの創意 ジェイスの創意 ※漫画をクリックするとバックナンバーがご覧いただけます。

Twitter

pixiv