最強伝説を検索

MTG最強伝説
コンテンツ

最強の男(管理人):バッハ

副管理人:ヒューマン

副管理人:シモン

謎の男:サム

【MTG関連】『タルキール覇王譚』エントリーデッキのデッキリストが公開!

2014年09月21日|情報|,
エントリーセット

MTG-JP公式にて『タルキール覇王譚』エントリーデッキのデッキリストが公開されました。

早速見ていきましょう!

アブザンの包囲

8 《平地
7 《
6 《
2 《砂草原の城塞
1 《花咲く砂地
1 《ジャングルのうろ穴
1 《磨かれたやせ地


-土地(26)-

2 《縁切られた先祖
3 《アイノクの盟族
2 《夜の子
1 《天麗のペガサス
2 《アブザンの鷹匠
2 《牙守りの隊長
2 《遠射兵団
2 《塩路の巡回兵
1 《アブザンの戦僧侶
1 《アラシンの上級歩哨
1 《マー=エクの夜刃
1 《カミソリ足のグリフィン
1 《軍備部隊
1 《象牙牙の城塞
1 《人喰い苔野獣


-クリーチャー(23)-

2 《アブザンの戦旗
1 《アブザンの魔除け
1 《永遠の口渇
1 《停止の場
2 《必殺の一射
1 《龍鱗の加護
1 《弱者狩り
1 《肉は塵に
1 《増え続ける成長


-その他(11)-

ほぼすべてのクリーチャーが「長久」などの+1/+1カウンターに関連した能力をもち、味方勢力を高めつつ、除去でクリーチャーアドバンテージを広げるデッキ。

ジェスカイの僧侶

8 《
7 《平地
6 《
2 《神秘の僧院
1 《急流の崖
1 《平穏な入り江
1 《風に削られた岩山


-土地(26)-

1 《僧院の速槍
2 《ジェスカイの長老
2 《道の探求者
1 《ジェスカイの学徒
1 《跳躍の達人
2 《沸血の熟練者
2 《ジェスカイの風物見
1 《沸血の導師
1 《雪花石の麒麟
1 《高峰のカマキリ
1 《内向きの目の賢者
1 《セラの天使
1 《不屈の宣教師
1 《眼の管理人
1 《旋風の達人
1 《河水環の曲芸士


-クリーチャー(20)-

2 《ジェスカイの戦旗
1 《ジェスカイの魔除け
1 《抑圧的な光線
1 《虚空の罠
1 《稲妻の一撃
1 《悪寒
1 《予言
1 《真面目な捧げ物
1 《冬の炎
1 《大物潰し
1 《運命編み
1 《溶岩の斧
1 《飛鶴の技


-その他(14)-

飛行が多いため、こちらの攻撃は通しつつ対戦相手のクリーチャーをタップや除去で止めることで、相手を制圧していくデッキ。

スゥルタイの謀略

8 《
7 《
6 《
2 《華やかな宮殿
1 《陰鬱な僻地
1 《ジャングルのうろ穴
1 《茨森の滝


-土地(26)-

1 《チフス鼠
2 《サテュロスの道探し
1 《黒猫
1 《研究助手
1 《歩く死骸
1 《根囲いの壁
2 《屍術士の助手
1 《グレイブディガー
1 《ラクシャーサの大臣
1 《腐敗喰いの蛆
1 《スゥルタイの占い屋
2 《わめき騒ぐマンドリル
2 《スゥルタイのゴミあさり
2 《よろめく従者
1 《死滅都市の悪鬼


-クリーチャー(20)-

1 《スゥルタイの戦旗
1 《スゥルタイの魔除け
2 《テイガムの策謀
1 《消耗する負傷
1 《ラクシャーサの秘密
1 《境界の偵察
1 《苦々しい天啓
1 《残忍な切断
1 《絞首
1 《強大化
1 《漂流
1 《宝船の巡航
1 《死の投下


-その他(14)-

主に墓地肥やしと「探査」など墓地を利用する能力を持つ呪文で構成され、強力な呪文を安く、早く打つことを目指すデッキ。

マルドゥの襲撃

8 《
7 《
5 《平地
2 《遊牧民の前哨地
1 《血溜まりの洞窟
1 《磨かれたやせ地
1 《風に削られた岩山


-土地(25)-

1 《炎蹄の騎兵
1 《マルドゥの悪刃
2 《国境地帯の匪賊
2 《マルドゥの頭蓋狩り
2 《戦名を望む者
1 《グルマグの速翼
1 《谷を駆ける者
2 《ゴブリンの荒くれ乗り
2 《マルドゥの軍族長
1 《屍食いカラス
1 《屍気を飛ばすもの
2 《マルドゥの戦叫び
1 《機を見た軍族朋
1 《足首裂き
1 《マルドゥの荒くれ乗り


-クリーチャー(21)-

1 《マルドゥの戦旗
1 《マルドゥの魔除け
1 《ひどい荒廃
1 《熱光線
1 《稲妻の一撃
1 《急報
2 《ラッパの一吹き
1 《はじける破滅
1 《軍族童の突発
1 《打ち倒し
1 《大物潰し
1 《矢の嵐
1 《肉は塵に


-その他(14)-

対戦相手のクリーチャーを除去しながらひたすら攻撃を仕掛けていく感じのデッキ。

ティムールの崩落

8 《
7 《
5 《
2 《開拓地の野営地
1 《岩だらけの高地
1 《急流の崖
1 《茨森の滝


-土地(25)-

2 《エルフの神秘家
2 《荒野の後継者
2 《ルーン爪の熊
1 《氷羽のエイヴン
2 《高山の灰色熊
2 《山頂をうろつくもの
1 《なだれの大牙獣
1 《熊の仲間
1 《松歩き
1 《轟きの巨人
2 《氷河の忍び寄り
2 《雪角の乗り手
1 《大牙コロッソドン
2 《長毛ロクソドン


-クリーチャー(22)-

2 《ティムールの戦旗
1 《ティムールの魔除け
1 《頑固な否認
2 《凶暴な殴打
1 《引き剥がし
1 《凍氷破
1 《稲妻の一撃
1 《剛力化
1 《暴風
1 《龍の握撃
1 《挑発の咆哮


-呪文(13)-

パワー4以上の巨大クリーチャーが多く採用され、「獰猛」でさらに協力な追い打ちをかけるデッキ。

これらは、次期スタンダードでそのまま使用することができるデッキです。
カンこそ不在ですが、それぞれの特色が色濃く現れていて、非常に面白いデッキになっていると思います!!
これからMTGを初めて見ようという方や、デッキパーツを集めようと思っている方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

参考:
公式-『タルキール覇王譚』 エントリーセット・デッキリスト


投稿者

【バッハ】
MTG最強伝説の副管理人。
最強の男。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

RSS

今月のFNM景品

2017年3月

fnmpromo_201703_ja.jpg

MTGの漫画
『プレインズウォーカー列伝』

漫画『プレインズウォーカー列伝』:ジェイスの創意 ジェイスの創意 ※漫画をクリックするとバックナンバーがご覧いただけます。

Twitter

pixiv